ファッションコーディネーターは何をする人たちなのか、ここではみていきましょう。

ファッションコーディネーターって何をするの?

ファッションコーディネータはスタイリストとは違う

世の中、聞いたこともないような職業や、名前は知っていても何をしている人たちなのか具体的に分かっていなかったりする職業などたくさんありますよね。
今回ご紹介する職業は「ファッションコーディネーター」。
文字通り、ファッションをコーディネートする人?
では一体、誰のファッションを?
どんな人がコーディネートされたいのかしら?
私も利用できるサービスなのかしら?と思いませんか?
調べてみると、実は身近な存在でもありました。
具体的には二種類に分類されますが、その一つが販売員。
ネットショッピングが普及してきているとはいえ、やはりお店に出かけて服などを買うことってありますよね。
そのお店で洋服などを販売している人たちはファッションコーディネーターです。
そしてもう一種類は、我々が会うことのないところで働くファッションコーディネーター。
基本的には次のシーズンで販売する商品開発やその卸業、ファッションイベントの開催などを行っています。
マーケティング戦略や、流行りに敏感で、ビジネスに興味があり、かつ、プレゼンテーション力やコミュニケーション能力も必要とされることが多いですので、販売員と比べると難易度は上がりますし、学歴や販売員としての経歴があると就職する時に強みとなるでしょう。
そして、それらは就職後に大いに役にたつことになるでしょう。

ファッションコーディネーターという文字だけを見ると、テレビや雑誌、広告などのモデルの服のコーディネートをしてそうなイメージですが、それらを行う人は一般的に「スタイリスト」と呼ばれる人たちのことをさすようです。

普段、自分の中で違いがあることに気が付かなかった職種があることが分かると面白いですよね!

ファッションコーディネーターについて知る

ファッションコーディネーターとスタイリストは、同じアパレル系の職業であるがゆえ、一見して同じ職業をさすように見えますが、実際にはこの2つの仕事内容は異なります。 まず働く場所、会社、それにターゲットにする顧客層。 ではそれぞれどのように違うのか、違いを比べてみましょう。

販売員と企業向け、それぞれの就職する際の違いとは

ここまでで、同じ「ファッションコーディネーター」でも2種類のタイプが存在することが分かりましたが、では、実際に就職する際、それぞれの違いや気を付けておくべきことなどあるのでしょうか。 必要な学歴や、経験などをこちらでは見ていきたいと思います。

ファッションコーディネーターの一日はどんな感じなのでしょうか

ここではファッションコーディネーターの一日のおおまかな流れを見ていきたいと思います。 ここまで、販売員と企業向けファッションコーディネーターの違いを見てきましたが、それぞれ、一日の働き方はどのように違うのでしょうか。 とあるファッションコーディネーターの一日を比べてみました。