離婚する前に要チェック!こんなときは弁護士に相談するべし

離婚の話し合いにならない&条件が合わない場合は弁護士に相談!

悩みが多い離婚問題

現在、日本では3組の1組が離婚をしているとのデータが出ているほどに離婚は身近な問題となっています。結婚後、様々な原因で離婚をしてしまうのも珍しくはない時代になりました。そこで、離婚をする原因や弁護士に相談した方が良いケースなどを見ていきましょう。

よくある離婚の原因BEST3

弁護士バッジ
no.1

不倫をしていた

離婚をしてしまう原因として最も多いのが、不倫の発覚です。不倫によって夫婦生活が破綻してしまい、離婚に至ってしまうケースが多いでしょう。なお、以前までは夫が不倫をすることが多かったですが、最近では妻の不倫によって離婚に発展することも珍しくありません。

no.2

性格の不一致

離婚の次に多いのが性格の不一致です。いざ結婚をしてみると、見えてこなかった部分が見えてきて離婚をしてしまう夫婦も多くなっています。特に付き合う期間が短いスピード婚や授かり婚で結婚した場合、価値観の違いなどで別れてしまうことが多いので要注意です。

no.3

DVがあった

妻が離婚を求める原因に夫からのDVも挙げられます。DVとはドメスティックバイオレンスの略で、家庭で暴力をふるわれているとそう呼ばれるでしょう。DVは恐怖心を与えるので、離婚をしたくても出来ない妻もいます。しかし、最近では弁護士などの力を借りて綺麗に別れられることが出来ますよ。

離婚する前に要チェック!こんなときは弁護士に相談するべし

複数の人

話し合いに応じてくれない

もう2人で一緒に過ごせないということで離婚を決意する人が多いでしょう。離婚をする際は話し合いが重要ですが、話し合いにならない場合があります。「顔を見たくない」「もう話したくない」「離婚に応じてくれない」などの理由で話し合いが出来ない場合は、第三者の力を借りた方が良いですよ。弁護士に相談すると、代弁者として代わりに協議をすることも出来ます。

ジャッジガベル

条件がうまくまとまらない

離婚をする際は、お互いで条件を決めていきます。慰謝料や子供の親権、養育費、財産分与などお互いが納得のいく形で離婚をするのが基本となっています。しかし、中には条件がうまくまとまらない場合もあるでしょう。そんなときに弁護士に依頼をして、法的な観点からアドバイスをもらったり話を進めてもらうのがベストです。特に慰謝料請求などで揉めている場合は弁護士に相談するのがおすすめと言えます。

早めに問題を解決していこう!

離婚をするという決断はそう簡単に決めれるものではありません。離婚について、悩みや問題を抱えている人は数多くいるでしょう。早く問題を解決したい場合は、プロである弁護士に相談をしていくのがポイントです。専門的な知識を持っている第三者が間に入ることで、思ったよりも早く離婚問題を解決してくれるでしょう。

広告募集中