ファッションコーディネーターは何をする人たちなのか、ここではみていきましょう。

ファッションコーディネーターについて知る

まずスタイリストのお仕事とは

スタイリストとは、主に芸能人を相手にし、テレビなどの撮影で着用する洋服を決めてあげる人の事をさします。
ご存知の方も多いでしょうが、芸能界は拘束時間も長く、朝は早い、夜は深夜まで働くということも多いです。
それに合わせての勤務時間になりますから、センスはもちろんのこと、体力も非常に必要とされる職業です。
まずはアシスタントから始め、事務所に所属したりフリーランスで活動することになります。
また、衣装などは自身でコーディネートを考え、レンタルをし、用意してあげます。
内容によってはブランドが決まっていたりしますので、細心の注意を払いながら仕事をしなければなりません。
また、雑誌などの場合は、撮影前にコーディネートの確認を編集者などとしなければなりません。
最悪の場合、最初からやり直し、なんて事にもなりかねません。
なかなか、華やかに見えても裏方さんは大変なのですね。

ではファッションコーディネーターは?

一概にファッションコーディネーターといっても2種類の働き方があります。
1つはいわゆる販売員。
我々の身近な存在ですよね。
洋服屋さんの店員です。
どんな組み合わせやサイズが良いかなど、アドバイスをしてくれたり、お店のマネキンのコーディネートをしたりします。
もう1つは、企業相手にする働き方。
こちらはブランドの今後の展開を考えたり、イベントを企画したりします。
トレンドにはとにかく敏感でいなければならず、自身の働くブランドにもそれをいち早く取り入れるようにします。
既製品を売る販売員に比べ、後者の方はこれから売れるであろう商品を生み出さなければなりませんので、そのための経験やマーケティング能力、人脈なども必要とされ、より高度となります。