ファッションコーディネーターは何をする人たちなのか、ここではみていきましょう。

販売員と企業向け、それぞれの就職する際の違いとは

販売員(ショップ店員)として就職する場合

こちらの方が、企業向けより比較的に簡単になることができます。
学歴はあまり重視されることが少なく、むしろ、自身のファッションセンスや興味、また、接客能力が問われます。
どんなに素敵な洋服でも、接客態度が悪ければお客様はリピーターにはなってくれませんし、コーディネートのセンスがなければ信用も得られません。
また、商品の管理(例えば棚卸や陳列、検品)もしなければなりませんので、丁寧な仕事が求められます。
就職先としては、一般的な服屋が主になります。
自身が普段から好んで行く服屋に就職するパターンが多いようです。
洋服といっても色々なジャンルがありますから、そのお店の商品等に関して無知で面接に行くことだけは避けたいものです。

企業向けのコーディネーターになる

一方で、企業向けのファッションコーディネーターになりたいのであれば、できれば専門学校や大学で服飾やデザインなどの勉強をしていると有利となるでしょう。
また、マーケティングについても学んでおくと将来的に使える知識となりますし、販売員としての経験もある方が後々、役立つ事になるでしょう。
アパレル業界のブランドやメーカーに就職することになります。
イベント企画や次のトレンドを取り入れた服のデザイン、百貨店などへの営業などその内容は様々ですので、求人や面接で自分がやりたい事と合致しているかどうか、詳しい内容を確認することをお忘れなく。
また、ミーティングは逃れる事のできない重要な業務の一つになりますので、コミュニケーション能力も強く求められます。